ページの先頭

Faculty Introduction

  1. トップページ
  2. 教員紹介

- 教員紹介 -

担当科目
幼児の音楽表現、子ども音楽療育演習
著書
「表現力育成を中心とする音楽教育 保育者養成における音楽指導の在り方について」
(大阪千代田短期大学研究紀要第43号・2014)
主な活動
幼児教育現場での音楽の在り方(指導、表現)について研究している。
また、作曲活動も行っている。
受験生へのMessage
「子ども」からもらう力で、学生たちは元気になっています。
みなさんも、保育者を目指すために、本学で一緒に学びませんか!

担当科目
社会福祉、児童家庭福祉
著書
「社会福祉の専門職と倫理」『保育士をめざす人の社会福祉』(みらい・2018)(共著)
「保育者が行う家庭支援の原理」『保育実践と家庭支援論』(勁草書房・2016)(共著)
主な活動
大阪府南河内・泉州地域で「ふくしのまちづくり」に関わる実践・研究・教育活動を
行っています。
受験生へのMessage
高校は10科目くらいですが…社会に出れば100科目以上の力が求められます。
自分の得意な能力(科目)を見つけて武器にしていこう!

担当科目
児童文化・保育内容(言葉)
著書
『保育者のための児童文化』(共著)大学図書出版社 2009年
『保育実践を支える 環境』(共著) 福村出版 2010年
主な活動
幼児期の保育と子ども文化という分野を中心とした研究を行っている。
子ども文化においては、大場牧夫、長新太などを中心に「言葉の力」「保育者の専門性」
について実践研究を深めている。
受験生へのMessage
子どもは私たち社会の宝物です。
保育者は、子どもに寄り添い成長が見守れる素晴らしい専門職です。
宝物である子どもたちの幸せのために、共に学び成長していきませんか?

担当科目
障害児保育、家庭支援論
著書
「教育相談における『チーム援助』の実践」(大阪千代田短期大学紀要第47号・2018年)
主な活動
子どもたちへの適切な支援と、その家庭への支援について研究
受験生へのMessage
子どもの行動の奥にあるモノに目を向け、
子どもの気持ちに寄り添いながら保育する力を身につけていきませんか?
共に学んでいきましょう。

担当科目
教職論、保育・教職実践演習
著書
『21世紀を生きる子どもたちからのメッセージ』(共著)(三学出版2010年)
『公教育経営の展開』(共著)(東京書籍2011年)
主な活動
公立小学校に35年間勤務。その間、認可保育所づくりも経験。
受験生へのMessage
保育者は夢とやりがいにあふれた職業です。
その道を選ぼうとしたみなさんとお互いを高めあっていきたいと思います。

担当科目
コンピュータ・リテラシ
著書
「レゴマインドストームによるプログラミング教育」
(大阪千代田短期大学紀要第44号・平成28年)
主な活動
実践的なPC活用教育を研究。行事等と連携したマルチメディア教育の活動をしている。
受験生へのMessage
好奇心を持ち続け、何にでもチャレンジしてみる、
そんな積極的な姿勢に学生がなれるように応援したいと思います。

担当科目
発達心理学、乳幼児理解
著書
「小学校でのスクールカウンセリングにおける『気になる子ども』への発達支援
―学童期の支援を幼児期からの連続性で考える―」
(大阪千代田短期大学紀要第47号・2018年)
主な活動
臨床発達心理士、0歳から15歳までの発達支援、音楽療法
受験生へのMessage
保育の仕事はとても奥が深い。
こころの発達の視点からの子ども理解に一緒にとりくみましょう!

担当科目
体育理論・体育実技、保育内容「健康Ⅰ」
著書
『小学校体育科指導法』(三恵社・2016年)(共著)
『アクティブラーニングのための体育科教育法』(三恵社・2018年)(共著)
主な活動
教職修士・防災士・幼児体育指導員
日本幼児体育学会・アジア幼児体育学会
受験生へのMessage
大学で必要なのは、「覚える力」より「考える力」、そして答えのないことに挑戦する
「探究力」です!

担当科目
保育原理、保育内容総論
著書
『幼児教育堺スタンダードカリキュラム(平成28年度)』堺市教育委員会 平成30年3月
「道徳性の芽生えを培う保育環境のあり方について」
(大阪千代田短期大学紀要第47号・2018年)
主な活動
公立幼稚園での教諭・園長経験、自治体での教育行政経験を通じた幼児教育の振興
受験生へのMessage
保育ってとても楽しいもの。
子どもは“元気”と“癒し”を与えてくれる素晴らしい存在です。

担当科目
造形表現Ⅰ・Ⅱ、図画工作Ⅰ・Ⅱ
著書
「幼児・児童の造形表現活動の一考察」(大阪千代田短期大学研究紀要 第46号)
「幼児造形表現教育における授業実践報告」(大阪千代田短大研究紀要 第47号)
主な活動
京都教育大学教育学部特修美術科卒。大阪府公立学校教員(美術科 含管理職)後、
河内長野市立「木根館」館長。日本美術教育学会会員。
受験生へのMessage
人は生まれながらにして表現を渇望し、アートはつねに寄り添うもの。
造形表現法を学び、楽しく表現することで感性・創造性を高め、教育や介護の現場に
立ってほしいと思います。

担当科目
英語B
著書
『アメリカン・ドリーム』(白水社1990年・共著)
主な活動
幼児教育コースでの英語教育、大学の英語教育について研究している
受験生へのMessage
皆さんの夢を叶えるために、サポートしていきたいです!

担当科目
地域福祉論、人間関係論
著書
「介護福祉士養成における地域福祉教育とアクティブ・ラーニングの可能性」
(大阪千代田短期大学紀要2018年)
『地域福祉と福祉行政』(法律文化社2010年、編著)
主な活動
阪南市障害者施策推進協議会会長、河内長野市都市計画審議会委員
受験生へのMessage
年老いても地域で自分らしく暮らし続けられるような支援を自分で考え、
実践できる介護福祉士を育てていきたいと思っています。

担当科目
生活支援技術、介護過程
主な活動
奈良県介護福祉士会 会長、介護認定審査委員、少年院にて更生活動
受験生へのMessage
これから迎える超高齢社会に向け必要で、非常に重要な人材!
それは「介護福祉士」!!
目指して下さい、一味違う「介護福祉士」を。

担当科目
認知症の理解、発達と老化
著書
「社会調査の基礎」(久美出版・2009年)(共著)
「高齢者の食事保障に関する考察-地域類型でみた東京都各自治体の配食サービス事業」
(季刊社会保障研究・2003年)
主な活動
高齢先進地域の島根県で"食"を通じた在宅高齢者の生活支援、兵庫県の自治体で“健康と
まちづくり”講座を担当。介護福祉士実務者研修と医療的ケアの体制についても研究を試みる。
受験生へのMessage
学生と教員の距離が近いことが本学の特徴です。この関係を相互に活かすことができれば、
千代田で過ごす2年間は、稔りある日々の積み重ねになるのは間違いありません。
あなたも私達と一緒に学びませんか!

太陽

雲01

雲02

雲03

雲04

車

車

車

飛行機

person1

person2

person3

person4

Copyright © 2018 Osaka Chiyoda Junior College. All Rights Reserved.