ページの先頭

幼児教育科

画像1 画像2 画像3 画像4
  1. トップページ
  2. 幼児教育科

幼稚園・保育園・認定こども園の「せんせい」になりたい!
専門知識と実践力を兼ね備えた「せんせい」を養成しています。

写真1

"ちよたんマインド"が育む
専門知識と実践力を兼ね揃えた
「せんせい」の育成

  • 協調性

    子どもの人格を尊重する姿勢と感性を持ち、子どもとその家族に寄り添い、地域・家族を支援する力、協調性を備えた保育者の養成。

  • 科学的認識力

    子どもに関わる専門知識に基づいた保育内容や援助方法についてよく理解し、現代社会と人間についての科学的認識に裏付けられた保育者の養成。

  • 豊かな表現力

    変化する時代に対応し、現代社会の要請に応えられる力、子どもの能力を多面的に育む豊かな表現力を備えた保育者の養成。

- CHIYOTAN’S TOPICS -

TOPICS 1  実習だけじゃない!

触れ合いの図

「ちよたん」 附属幼稚園・グループ保育園の園児たちと触れあい、活発に交流します!
附属幼稚園とグループの保育園、幼・保両方の系列園があるのが大阪千代田短期大学の大きな魅力です。
遠方出身の下宿学生にとっては、地元に戻らず大学近くの両グループ園で安心して実習に参加することが可能になるほか、実習以外でも保育技術に関係する授業や、園の行事へのボランティア参加などで子どもたちと触れあえる環境が身近にあります。
また、学生が園に出かけるだけでなく園児が「ちよたん」に来学して一緒に活動を行ったり、大学祭のステージに出演するなど、子どもたちと活発に交流できる機会を多く持つことで保育力をみがいていきます。

  • 千代田短大附属幼稚園
  • 認定こども園 大阪千代田短期大学附属幼稚園
    教育実習はもちろん、夏まつりやうんどう会、生活発表会などに学生が保育体験として参加し、保育力をみがく場として日頃の授業で学んだことを実践しています。
  • おおさかちよだ保育園
  • おおさかちよだ保育園(社会福祉法人ちよだ福祉会)
    卒業生の先輩保育士がたくさん働いており、保育体験や実習でも丁寧なアドバイスを受けることができるので、安心して実習を行うことができます。

TOPICS 2  「ちよたん」なら実習以外でも保育体験ができます!

  • 劇1
  • 劇2
  • 「保育体験」
    「保育ボランティア」

    実習前後に、幼稚園や保育所(園)がどんなところか理解出来る「保育体験」や、「保育ボランティア」への参加を行います。
    実習以外にも子どもたちと触れあうことができるので、子どもたちとのコミュニケーションがとりやすくなるなど、より即戦力に近づきます。
  • 先輩からのアドバイス、
    後輩からの刺激が学びを高める

    先生に質問しづらいことでも先輩になら気軽に聞けます。先輩のアドバイスは自分に近い目線で丁寧に教えてくれます。後輩からの質問は、自分の理解の不十分さを気付かせてくれます。
    もっとしっかり勉強して、ちゃんと答えられるように学びのテンションを高めてくれます。

TOPICS 3  遊びの環境を学び体験するプレイルーム ちよたん保育環境センター

プレイルーム

子どもの遊びを活きいきと発展させる「保育環境」について、
実践的に学ぶためのプレイルーム(模擬保育室)が新たに誕生しました。

  • 学生が保育環境を考え、
    自分達の手で作りあげていくセンター

    授業や実習で学んだことを活かし、自分が将来どのようなクラスを運営していくのかを考え、プレイルームに揃えるおもちゃやレイアウトを学生達で作りあげていきます。 その環境の中で、実習前の設定保育や、絵本の読み聞かせの練習に取り組み、実際の保育現場に近い環境で保育技術を高めていきます。

  • グループの大学附属幼稚園・保育園の
    園児や保護者を招き保育を実践

    学生達が考えた保育環境が実際にどのような影響を子どもたちに与えるのか?実践的に学ぶためにグループ園の園児や保護者をセンターに招いて実践的に保育を展開します。
    さらに園の先生方のアドバイスや保護者の反応を活かし、より良い保育環境をめざして常にセンターの機能を強化していきます。

  • 卒業生にもセンターを開放し、
    就職後の保育技術向上をサポート

    学生と先生の距離が近い「ちよたん」では、卒業後もお互いに連絡を取り合い現場の情報を交換し、仕事の悩みを相談できる関係ができています。 センターではこの関係をさらに発展させ、在学生とも交流し、卒業生の保育技術向上や最新の保育理論を学び実践できる場としても開放します。

  • 最新の保育環境モデルとして、
    地域の園や子育て家庭にも開放

    グループ園や卒業生だけでなく、地域の保育施設や子育て家庭にも開放し、学生の取り組みや先生の活動を盛り込んだ「保育環境のモデルケース」として活用・開放します。 地域の子どもたちはもちろん保育や子育てに関わる人と、学生との交流の場とすることで学生の保育力・人間力の向上、地域貢献をめざします。

- Voice -

「子どもにしっかり想いが伝わるよう、表現力を鍛えます。」

幼稚園教諭と保育士そして認定こども園での保育教諭、全てが子どものための「環境による総合的な保育」を考えることが求められてきています。幼児教育コースでは、特に表現力の育成に力を入れた指導をしています。
例えば、実習指導において行う絵本の読み聞かせでは、その技術だけではなく、この本で何を伝えたいのか、伝えたいところはどこかをしっかりと考え、どう読めばその思いが伝わるのかをまず考えます。それは、歌や劇発表についても同じです。グループで討論したり、自分で工夫することにより、それを実際に子どもたちの前で披露し、その反応を基に改善していきます。
このことが主体的に物事を考え進める力を養います。そしてその力“表現力”こそ実際の仕事で求められるものです。
自分自身の得意な分野の力を伸ばしながら、保育者に必要な表現力を身につけていきましょう。

幼児教育科教授  寄ゆかり

先生
男子生徒

子どもの発達には個人差があり、異年齢ではもちろん、同年齢であっても出来ることや出来ないことは異なります。そのため保育者は子ども一人ひとりに合った保育をしなければいけません。
「特別支援教育」ではおもに障がい児の状態や支援について学びますが、この他にも貧困家庭の子どもや虐待を受けている子ども、外国籍の子どもなど、現代社会の現状から生まれた特別な配慮を要する子どもについても学びます。
大阪千代田短期大学では講義や実習を通して、様々な視点から物事を観察し、一人ひとりに合った保育ができる保育者を目指した学修をしています。

幼稚園教諭と保育士、そして認定こども園では、「子どもの最善の利益」を大切にした保育を行っています。
1回生のカリキュラムでは、絵本の読み方や部屋の構造、声掛けや障がいの事など、保育者としてあるべき姿を様々な視点から学びます。実習では、指導案や日誌に子どもの成長や年齢に応じた支援方法や遊びのねらいを書きます。
そのため、子どもにとって何が大切か、どの年齢でどのような発達があるのかを考え、理解することが求められるので、1回生から保育について専門的に学ぶことができます。

女子生徒

太陽

雲01

雲02

雲03

雲04

車

車

車

飛行機

person1

person2

person3

person4

Copyright © 2018 Osaka Chiyoda Junior College. All Rights Reserved.