幼児教育科

授業紹介 「音楽(ピアノ)」

幼児教育科 音楽(ピアノ)の授業保育現場で必要とされるピアノ演奏力を身につける授業です。特に弾き歌いの技術習得に力を入れています。受験時点ではピアノ未経験者が多いのですが、本学では入学前にプレカレッジとしてピアノレッスンの機会を設けているため、1回生のこの時期には、多くの学生が単位取得し、ブルグミュラーやソナチネに達する学生が増加してきました。ピアノ指導教員が一人ひとりの到達段階に応じて個人指導を行いますので、必要な演奏力を身につけ、ピアノ経験者はさらに上級をめざすことができます幼児教育科 音楽(ピアノ)の授業

 

入学支援課 (さ)

 

幼児教育科の学生たちが造形表現の授業で作った切り絵による壁面制作の作品が、4回の廊下に展示されています。中庭や大学の敷地内にあるで里山で拾った落ち葉や木の実などを使い、「秋」をイメージしていました。作品を紹介します。

その他の作品は → Photo Album

幼児教育科 図画工作

 

Cクラス へえ六 がんばる幼児教育科2回生の授業科目「保育内容(総合表現)」の劇発表会を開催しました。本学では、プロの保育者として現場に立つためには、「表現する力」が不可欠であると考え、毎年多くの時間を割いて「表現活動」について学んでいます。

2回生前期4ヶ月間は座学で「表現活動」について総合的に学び、後期3ヶ月間をかけてクラスごとにひとつの劇を作り上げます。

各クラスの発表の様子を写真で紹介しています。下記の Photo Album をご覧下さい。

Aクラス 「ふたりのイーダ」のPhoto Album は → こちら
Bクラス 「フィオーラとふこうのまじょ」のPhoto Album は → こちら
Cクラス 「へえ六 がんばる」のPhoto Album は → こちら

学生にとって大きな成長の場となる最初の保育実習が終わりました。実習生が保育内容を企画立案、教材を準備して行う設定保育の前日は、どの学生も緊張のあまりなかなか寝られないと聞きます。それでも、あんな風にやってみよう。こんな風にもやってみようと必死でいい保育実践ができるようがんばりますが、子どもたちはなかなか思うように動いてはくれず「カベ」にぶち当たるのもこの保育実習です。学生たちは一喜一憂しながら日々の実習で学び、自宅に戻ってからは毎日記録と反省を夜中までかかってまとめます。体力的にも精神的にもキツイ実習期間でしたが、これを乗り越えた学生たちの表情はほんの少し「プロの保育者」に近づきました。

 

入学支援課 (さ)

劇発表 大道具メンバー幼児教育科2回生が取り組んでいる「表現活動の総合研究」の劇発表まで1週間となりました。演技、照明、音響などそれぞれの役割を担った学生たちは最後の追い込みです。今日土曜日も、大道具担当の学生たちが大学に出てきて、巨大な背景画の調整や小道具の最終確認を行いました。きっと今年も、迫力のある舞台に仕上がることと思います。「表現力豊かな保育者」を目指しがんばる学生たちの演技を、ぜひ多くの方にご覧いただきたいと思っています。どなたでもご観賞いただけますので、ご近所、お友達をお誘いの上ぜひお越し下さい!

 

12月9日(日)10:30開場 10:50開演

  • ・11:00~ Aクラス「ふたりのイーダ」
  • ・13:00~ Bクラス「フィオーラとふこうのまじょ」
  • ・14:00~ Cクラス「へえ六 がんばる」

 

社会福祉論ゼミナールは東日本大震災被災地山元町に復興ボランティアとして行きましたが、大学祭のおり、復興へのメッセージとしての寄せ書きを現地に送りました。現地から『虹の架け橋ニュース』がお礼として送られてきました。中央の写真が吉野さん宅へ回覧された寄せ書きです。

 

夢の架け橋

 

 

幼児教育科2回生が取り組む「表現活動の総合研究」の劇発表会まであと1ヶ月となりました。
学生たちは発表当日に向けて毎日、創作・練習をしています。

 

12月9日(日)10:30開場 10:50開演

・11:00~ Aクラス「ふたりのイーダ」

・13:00~ Bクラス「フィオーラとふこうのまじょ」

・14:00~ Cクラス「へえ六 がんばる」

 

どなたでもご観賞いただけます。ぜひご近所、お友達をお誘いの上お越し下さい!

 

入学支援課 (さ)

 

2012年度表現活動の総合研究劇発表ポスター

 

2012年度大学祭10月27・28日、第47回 小山田祭(=大学祭)が開催されました。例年同様、ゼミやサークル、そして各種有志たちが、趣向を凝らし、さまざまな舞台発表や模擬店出店をしました。
昨年に引き続き、今年も2日目は雨…。ステージを体育館に移しました。が、舞台に上がった学生たちは、これまでの練習の成果を存分に発揮し、今年も見ごたえのものばかりでした。器楽演奏やコーラス、それにダンス、鳴子ソーランや南中ソーランなど、各ゼミの特徴を生かしたさまざまなステージは学生らしい、勢いのある楽しいものでした。2012年度大学祭その他、有志として出演した学生たちの中では、「マッチ棒」「スパイダーマン」「女々しくて」がひときわ大きな盛り上がりを作っていました!

さらに、保護者のみなさんや同窓会のみなさんが模擬店やバザーでご参加下さったり、本学生涯学習センターの受講者のみなさんが、日ごろの講座で作った作品をたくさん展示して下さいました。また学生たちも、ゼミやサークルでの学びの成果を展示・発表するなど、多岐にわたるイベントで盛り上がった2日間でした。

その他の写真は Photo Album でご覧下さい

舞台発表の様子は → こちら

展示会場の様子は → こちら

模擬店会場の様子は → こちら

 

乙女塾幼児教育科に「乙女塾」という「あつまり」があります。「ワンランク上の保育者をめざす!」を目標に、女子学生の有志が集まって授業とは別に学びの場をもっています。いつもは放課後に、絵本の読み聞かせや造形表現力のテクニックをさらにアップさせるための学習をしていますが、今回は担当教員の自宅に招かれ交流会をもちました。お孫さんのお世話もしながらまるで実習のような交流会。芋ほりやバーベキューなどで楽しい一日を過ごしました。

入学支援課(さ)

乙女塾

乙女塾

何よりも笑顔で演奏することが大事幼児教育科2回生の授業「器楽活用法」の授業の様子を紹介します。

1回生時のピアノ、楽器奏法をふまえ、保育現場での実践力をつける授業です。ピアノ個人レッスンに加え、グループでの授業を行います。グループ授業では、合奏指導法、ヘッドアレンジ法などを学びます。

この日は、ラテン系のパーカッションの演奏法とアンサンブルの技法を学び、からだ全体でリズムに乗ってとても楽しい授業でした。

 

入学支援課 (さ)