髙橋理事長、「社会福祉」の授業で特別講師

2017.05.02

5月2日、1限介護福祉コース、2限幼児教育コースの1回生の「社会福祉」の授業で特別講師として大阪千代田学園の髙橋保理事長が授業を行いました。生活保護の現場で24年間働いた経験をもとに自らの体験も交え学生に講義をしました
今の日本の生活保護の実態は、基準が設けられ制度として保障されてはいるが、その基準を適用させる担当者の対応によって格差が生まれている現実があることを問題点としてあげました。貧困の原因を自己責任にする社会の中で、自らは現場で生活保護を必要とする方々に寄り添い一人ひとりがかけがえのない社会から必要とされる存在なのだということを信念に取り組んできたこと語りました。欧米諸国に比べ生活保護を必要とする人が保護を受けている割合、捕捉率が異常に低いことも数値を上げ説明しました。

≫ TOPICS一覧

  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


single-event-2012