幼児教育科2回生が劇の発表会を行いました。

2016.12.19

12月16日(金)、本学と連携協定を結んでいる大阪府河南町の町立幼稚園・保育園の3カ所で、幼児教育科2回生が劇の発表を行いました。
本学では、保育者に必要な保育内容「表現」(音楽・造形・身体など様々な表現)を中心としながら、その他のすべての保育内容を総合的に行う学びの集大成として、この科目「保育内容・総合表現」で毎年、劇の製作に取り組んでいます。
今年は、「おおさむ・こさむ」 こいでやすこ 作 の絵本を元に3つの班それぞれにシナリオ作成、大道具・小道具、音楽制作、役作りを行ってきました。
当日は、劇の途中で園児たちも巻き込んで一体となって劇を創っていくなどの工夫もし、園児たちも喜んでくれました。また、演じている学生たちも、子どもたちの素直な反応に、学校で演じているときよりもさらに、熱のこもった劇発表ができたようです。今年は現場での鑑賞のため同行した1回生も「来年はこんな風にしたい」「役作りにがんばろう」と早速、来年の話で盛り上がっていました。
学生たちは、この経験を現場でも生かし立派な保育者めざしがんばっていく決意を新たにしています。

◎ かなん幼稚園
◎ 河南町立中央保育園
◎ 河内幼稚園 
その他の写真はこちら

≫ TOPICS一覧

  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


single-event-2012