障害児保育Ⅱの授業「実習経験を、授業で検証」

2016.07.21

障害児保育Ⅱの授業では、実習先で出会った配慮の必要な子どもたちとその子どもたちに保育者がどう働きかけていたかを具体的に小グループで話し合い発表しました。 着替えるのに極端に時間がかかってしまう子ども、糊を手に取って塗れない子どもなど実際に出会った事例に即して保育者としてどうそれを理解し、発達につなげるような指導にしていくかを話し合い学びあいました。授業でこれまで学んだことが、実際の現場で活かせるようにさらに学んでいくことの必要性を再確認できる授業でした。

≫ TOPICS一覧

  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


single-event-2012