障がい者を招いての授業(介護福祉コース2回生)

2016.07.14

7月7日、午後から河内長野の中途障がい者交流グループ「ゆっくりいっぽ仲間の会」のお話を聞きました。3つのグループに分かれ介護をする側の接し方が、実際の利用者からの視点でどのように感じられているのかを知る機会になりました。介護者の声掛けやできたことを一緒に喜んでくれることが意欲を生み出していること、利用者の声に耳を傾けしっかりと聞くことが信頼関係を築いていくうえでとても大切なことなど学びました。参加された障がい者の方々も学生とお話しできたことをとても喜んでくださいました。確かな技術と豊かな人間性を兼ね備えた介護福祉士になるためにさらに学んでいこうと決意を新たにできる場となりました。

≫ TOPICS一覧

  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


single-event-2012