大学案内

情報公開

このページでは、大学の情報公開に関する省令(学校教育法施行規則等の一部を改正する省令−平成22年文部科学省令第15号)にもとづき、広く情報公開を行います。

Ⅰ 平成28年度の「教育研究上の基礎的な情報」

1.学部、学科、課程、研究科、専攻ごとの名称及び教育研究上の目的

大阪千代田短期大学 人材養成の目的(学則第1条1項)
本短期大学(大阪府河内長野市小山田町1685番地)は、千代田学園の設置目的である「弘法大師の興学精神」に基づいた現代的市民教育の遂行を基本目的とし、教育基本法及び学校教育法に則って、教養あり且つ有為な社会人としての能力及び人格を具えた人間性豊かにして創造的生活をなしうる人材の養成を目的とする。

学科名称 教育研究上の目的
幼児教育科 幼児教育科は、学則第1条第1項が定める本学における人材養成に関する目的及び本規程前文に示す本学の教育理念を幼児教育者・保育者養成事業において具体化し、社会の真の要請に応える質の高い幼児教育者・保育者を養成することを目的とする。
総合コミュニケーション学科 総合コミュニケーション学科は、学則第1条第1項が定める本学における人材養成に関する目的及び本規程前文に示す本学の教育理念を現代社会のニーズに応える総合的なコミュニケーション教育事業において具体化し、社会の真の要請に応える質の高い人材を養成することを目的とする。すなわち学科は、国際化・情報化・少子高齢化の時代の生活者に求められる多面的なコミュニケーション技能を養い、また言語・文化・生活条件・身体条件等の異なる人びととの共生を可能にする適切な自己表現・他者理解の力量を養うことによって、社会の変容に対応した生活文化・人間関係の創造的形成主体として産業社会・地域社会の中で主導的に活躍しうる人材を養成することを目的とする。

2.専任教員数(2017年5月1日現在)

大阪千代田短期大学 人材養成の目的(学則第1条1項)
本短期大学(大阪府河内長野市小山田町1685番地)は、千代田学園の設置目的である「弘法大師の興学精神」に基づいた現代的市民教育の遂行を基本目的とし、教育基本法及び学校教育法に則って、教養あり且つ有為な社会人としての能力及び人格を具えた人間性豊かにして創造的生活をなしうる人材の養成を目的とする。

学科名称 教育研究上の目的
幼児教育科 13名(学長1名含む)
総合コミュニケーション学科
・介護福祉コース
4名

3.校地・校舎等の施設その他の学生の教育研究環境

面積 17,756㎡(借地除く)
校舎面積 8,533㎡
キャンパス概要、運動施設概要及びその他の学習環境

4.授業料、入学料その他の大学等が徴収する費用

入学手続時(1回生前期) 1回生後期 2回生前期 2回生後期
入学金 200,000
授業料 400,000 400,000 400,000 400,000
教育充実費 200,000 200,000 200,000 200,000
諸費用 86,750~146,750(学科・コースにより異なる) 47,000

II 平成28年度の「修学上の情報等」

1.教員組織、各教員が有する学位及び業績

2016教員組織及び教員の数ならびに各教員が有する学位及び業績[pdf]

2.入学者に関する受入方針、入学者数、収容定員、在学者数、卒業(修了)者数、進学者数、就職者数

入学者に関する受入方針
-入学者数 2017年度入学 103名
-収容定員 330名
-在学者数(2017年5月1日現在) 168名
-卒業者数(2017年3月卒業) 97名
進学者数、就職者数

3.授業科目、授業の方法及び内容並びに年間の授業計画

講義要綱

幼児教育科

2017年度入学生のカリキュラム
2年間の授業計画

総合コミュニケーション学科

•2017年度入学生のカリキュラム
介護福祉コース

4.学修の成果に係る評価及び卒業又は修了の認定に当たっての基準

学習の成果に係る評価

(単位の認定方法、成績の評価基準、単位認定試験の受験資格、単位の授与)
学則第14条 単位の認定は総合評価により行う。

2 学業成績は、A(80点以上)・B(70点以上)・C(60点以上)及びD(59点以下)に分け、A・B・Cは合格、Dは不合格とする。

3 欠席日数が各科目につき3分の1を超える者は、原則としてその科目の履修認定はしない。ただし、第15条第4項に基づく授業科目のうち介護実習を除く科目については、欠席日数が3分の1を超える者、介護実習については5分の4を超える者は受験資格を認めず、したがって履修認定はしない。

4 授業料未納者は、原則として履修認定はしない。護実習を除く科目については、欠席日数が3分の1を超える者、介護実習については5分の4を超える者は受験資格を認めず、したがって履修認定はしない。

5 授業科目を履修し、その評価を受けてこれに合格した者には所定の単位を与える。

卒業の認定に当たっての基準 (2017年度入学生より適用)

(卒業の要件)
学則第11条 学生は2カ年以上在学し、学科が定める次の要件を充たして、合計62単位以上を取得しなければならない。

幼児教育科

ア.全学共通科目のなかから10単位以上(一般教養科目2単位以上を含む。)

イ.専門科目38単位以上(必修科目4単位を含む。)

ウ.全学共通科目及び専門科目のなかから14単位以上

学習の成果に係る評価

幼児教育科 短期大学士(教育学・保育)
総合コミュニケーション学科 短期大学士(人間関係学)

5.学生の修学、進路選択及び心身の健康等に係る支援

学生生活について(学生便覧p11-p15)

進路への支援について

6.教育上の目的に応じ学生が修得すべき知識及び能力に関する情報

カリキュラム・ポリシーとディプロマ・ポリシー

開講科目一覧及び取得資格ごとの必要単位
幼児教育科
総合コミュニケーション学科
講義要綱

Ⅲ 平成27年度の「財務情報」

学校法人千代田学園情報公開ページ

Ⅳ その他の情報、上記の情報について分かりやすく加工した情報

1.教育研究上の情報(2017年5月1日現在)

教育条件 ①教員一人当たり学生数 幼児教育科: 11.8人
総合コミュニケーション学科: 3.3人
②収容定員充足率 幼児教育科: 51%
総合コミュニケーション学科: 46.7%
③年齢別教員数
学 科 年 齢 人 数
20 0
30 4
40 2
50 3
60 4
40 1
50 2
60 1
④職階別教員数
学 科 職 階 集 計
教授 4
講師 9
助教 0
教授 2
准教授 1
講師 1
教育内容 ⑤専任教員数と非常勤教員数の比率 17/37=専任45.9%
⑥学位授与数(2016年度末) 幼児教育科: 65
総合コミュニケーション学科: 32
⑦就職先の情報 就職先の情報.pdf
学生の状況 ⑧入学者推移 2015年度入学 101名
2016年度入学 72名
2017年度入学 103名
⑨退学・除籍者数2016/4-2017/3 幼児教育科: 9
総合コミュニケーション学科: 2
⑩中退率 幼児教育科: 7.3%
総合コミュニケーション学科: 4.3%
⑪留年者数 幼児教育科: 0
総合コミュニケーション学科: 1
⑫社会人学生数 6
⑬留学生数及び海外派遣学生数 0
“国際交流・
社会貢献等の概要“
⑭海外の協定相手校 とくになし
⑮社会貢献活動 生涯学習センター主催の地域に開かれた
各種講座の開講
http://www.chiyoda.ac.jp/renkei/social
地域の市民まつりでの学生の舞台発表
http://www.chiyoda.ac.jp/campuslife_blog/news/2297
河内長野市民大学「くろまろ塾」への講師派遣
http://www.chiyoda.ac.jp/event_area/7063
など
⑯大学間連携 大阪カレッジネットワークを通じ、大阪府内の
各短期大学と連携協力し、単位互換事業に
取り組んでいる。
⑰産官学連携 特記事項無し
このページのTOPへ

大学案内

  • 本学について
    • 大学概要
    • 建学の精神
    • 学長あいさつ
    • 沿革
    • 教育理念
  • 情報公開
  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


about