介護福祉コース

資格・免許

介護福祉士(国家資格)

高齢者や障がい者などの利用者の方をプロとして介護することを認められる資格ですが、利用者の方に求められる介護、必要な介護を判断し、初任者研修取得者に指示やアドバイスをするなどリーダー的存在として現場に求められている資格です。高齢化社会が進む日本では介福祉士が足りていない状況が続いており、どの介護福祉施設からも介護のプロとして求められているため、より条件のいい職場を選ぶことができるなど、就職に困ることはほとんどないと言われています。本学の所定の単位を取得することにより、介護福祉士国家試験の実技試験が免除され、筆記試験合格のみでその資格を得ることができます。

全身性障害者移動介護従業者・同行援護従業者[一般課程](ガイドヘルパー)

障がい者の外出時の移動介護サービスを提供できる資格です。本学では介護福祉士資格だけでは行えない全身性障害者の移動介護・視覚障害者の同行援護の資格を取得できます。本学の学生に限り本学生涯学習センターにて約半額程度の費用で受講できる特典があります。

福祉用具専門相談員

介護の基礎知識や技術、福祉用具の取り扱い方法等に関する知識、技術などを学習します。福祉用具販売の指定基準として、「福祉用具専門相談員」の配置が義務付けられています。

社会福祉主事任用資格

地方自治体の社会福祉事務所に勤務する際に必要な資格です。福祉法に関する事務や福祉事業の指導をします。福祉施設においてもこの資格の有無を問うところが増えています。

歯科助手資格乙種(日本歯科医師会認定)

日本歯科医師会以外のさまざまな民間団体が歯科助手の資格認定を行っているようですが、本学の資格は歯科医師で構成されている公益財団法人の日本歯科医師会が認定するもので、全国の歯科医院で「専門的教育を受け知識を持つもの」として認められる資格で、短期大学では初となります。

学科・コース紹介

  • 幼児教育コース
  • 介護福祉コース
    • コースの特徴
    • 資格・免許
    • カリキュラム
    • 介護福祉士という仕事
    • 主な就職実績
  • 保育福祉教養コース
  • 教員紹介
  • オープンキャンパス
  • 介護福祉士や保育士をめざす社会人の方へ
  • LINE
  • facebook
  • twitter
  • google+

短期大学基準協会認定


academics