ページの先頭

卒業生’s smile

【VOICE 1】子どもの気持ちに寄り添い、成長を見守っていきたい。

VOICE 1

松原 日菜子さん
2017年3月 幼児教育科卒業 大阪府立りんくう翔南高等学校出身
社会福祉法人 夢らんど二田 アルン西鳥取夢学舎勤務

「保育士になる!」ということはずっと決まっていたので、あとは大学を決めるだけという時期に「ちよたん」のオープンキャンパスに参加しました。ピアノ初心者に向けて入学前の個人レッスンがあるということで入学を決めました。
ちよたんの魅力は先生と学生の距離が近いところ。何でも相談しやすく、就職先で迷っていたときは毎日のように研究室に通っていました。卒業した今でも食事に連れて行っていただいたりとお世話になっています(笑)。現在は「子どもの気持ちに寄り添う」ということをいちばん大切にし、頭に入れながら関わるようにしています。何もせずに止まっている子がいたとしても、すぐに次の行動を伝えるのではなく、「どうしたの?」とひと声かけ、話を聞いてから伝えるようにしています。

【VOICE 2】子どもたちと全力で向き合う日々、とても充実しています。

VOICE 2

松田 拓也さん
2012年3月卒業 和歌山県立和歌山商業高等学校出身
学校法人 松江幼稚園 まつえ幼稚園勤務

幼稚園教諭になって2年。2年連続で年長のクラスを担任しています。卒園式で子どもたちが「先生と離れたくない」と泣いてくれた時は一緒になって泣いてしまいました。
短大時代はシンガポールのインターンシップや劇発表でのシナリオ作りなど、さまざまなことを体験し、その経験が幼稚園での劇づくりなど多くの場面で活きています。子どもたちの成長は早く、1日1日を無駄にできません。どんな時でも子どもたちと真摯に向き合えるよう、今後も努力を重ねたいと思っています。

【VOICE 3】子どもたちの成長が私の笑顔の源です!

VOICE 3

坂井 美波さん
2011年3月卒業 大阪府立高石高等学校出身
社会福祉法人 夢らんど二田 認定こども園アンビー勤務

認定こども園で保育士として働いて、3年が経ちました。1年目は言われたことをこなすだけで精一杯でしたが、今では新任の先生を指導する立場となり、後輩の見本となれるよう、自分自身も学び直しながら働いています。今は2歳児のクラスを担当しており、1歳児の時から担当している子どもたちが話し始めたり、おむつを卒業したりと成長している様子を間近で見ることができてやりがいを感じる毎日です。初めは保護者の方とのコミュニケーションを難しく感じることもありましたが、子どもたちが帰る時に「今日は服のボタンを自分でとめられましたよ」などその日の出来事を報告することで、最近はスムーズな会話ができるようになりました。
短大時代は、ボランティアやサークル活動、寄ゆかり先生が当時指導してくださっていた課外活動「乙女塾」に参加するなど、さまざまなことを体験しました。その時作ったエプロンシアターは今でも使っています。また、授業で写真や映像の撮影技術を学んでいたことが、子どもたちの写真を保護者の方が閲覧できるようにホームページに掲載する時など、とても役立っています。みなさんも学生時代はぜひ多くのことに挑戦してください。大阪千代田短期大学での学びや経験がきっと仕事の中で活きてくると思います。

太陽

雲01

雲02

雲03

雲04

車

車

車

飛行機

person1

person2

person3

person4

Copyright © 2018 Osaka Chiyoda Junior College. All Rights Reserved.