ページの先頭

幼児教育コース

画像1 画像2 画像3 画像4
  1. トップページ
  2. 学科・コース
  3. 幼児教育コース

幼稚園・保育園の「せんせい」になりたい!
保育の専門知識と実践力を兼ね備えた「せんせい」を養成しています。

写真1

保育者としての"ちよたんマインド"

  • 1.

    子どもの人格を尊重する姿勢と感性を持ち、子どもとその家族に寄り添い、地域・家族を支援する力、協調性を備えた保育者の養成。

  • 2.

    子どもに関わる専門知識に基づいた保育内容や援助方法についてよく理解し、現代社会と人間についての科学的認識に裏付けられた保育者の養成。

  • 3.

    変化する時代に対応し、現代社会の要請に応えられる力、子どもの能力を多面的に育む豊かな表現力を備えた保育者の養成。

- CHIYOTAN’S TOPICS -

TOPICS 1  実習だけじゃない!

触れ合いの図

「ちよたん」 附属幼稚園・グループ保育園の園児たちと触れあい、活発に交流します!
大学附属幼稚園とグループの保育園、幼・保両方の系列園があるのが大阪千代田短期大学の大きな魅力です。
遠方出身の下宿学生にとっては、地元に戻らず大学近くの両グループ園で安心して実習に参加することが可能になるほか、実習以外でも保育技術に関係する授業や、園の行事へのボランティア参加などで子どもたちと触れあえる環境が身近にあります。
また、学生が園に出かけるだけでなく園児が「ちよたん」に来学して一緒に活動を行ったり、大学祭のステージに出演するなど、子どもたちと活発に交流できる機会を多く持つことで保育力をみがいていきます。

  • 千代田短大附属幼稚園
  • 認定こども園 大阪千代田短期大学附属幼稚園
    教育実習はもちろん、夏まつりやうんどう会、生活発表会などに学生が保育体験として参加し、保育力をみがく場として日頃の授業で学んだことを実践しています。
  • おおさかちよだ保育園
  • おおさかちよだ保育園(社会福祉法人ちよだ福祉会)
    卒業生の先輩保育士がたくさん働いており、保育体験や実習でも丁寧なアドバイスを受けることができるので、安心して実習を行うことができます。

TOPICS 2  「表現するチカラ」をみがく!ちよたん伝統の「劇発表」!

  • 劇1
  • 劇2
  • 音楽・造形・体育。保育の学びのエッセンスを凝縮した劇制作!
    ピアノや保育の技術・知識が大切なのはもちろんですが、保育現場では表現力が保育者にとって最も重要とされています。
    ちよたんが伝統的に取り組んできた劇発表は、現場で行う保育内容すべてを網羅した「総合表現」として作り上げます。歌や効果音などの音楽的要素、衣装や舞台装置を作りあげる造形表現や登場人物を演じるなど、保育の学びの集大成として総合的に活用し、保育者自らの表現力と感性を養います。劇発表で学んだ内容は将来、子どもたちの生活発表会やダンス指導など、子どもたちの表現力を引き出すために役立ちます。
  • 河南町立幼稚園・保育園に出張して3園で劇を披露!!
    2017年度の劇発表では絵本「まほうのたいこ(福音館書店 / うちだりさこ著、シェイマソイダン絵)」を原題に、3班で劇の制作に取り組みました。この絵本で1番伝えたい部分はどこか、お話を劇にする過程でどう演じればその部分が伝わるかを考え、少しずつ違った3つのシナリオが完成しました。エンディングに歌うメッセージソングも学生の作詞作曲です。その3つの劇を本学と連携協力協定を結んでいる河南町の町立幼稚園・保育園3園に出張し、園児の前で上演しました。園の先生方からも講評をいただき、2年間の学びの集大成となりました。その様子を1回生も一緒に鑑賞し、来年の自分たちのイメージをふくらませていました。

TOPICS 3  遊びの環境を学び体験するプレイルーム ちよたん保育環境センター

プレイルーム

子どもの遊びを活きいきと発展させる「保育環境」について、
実践的に学ぶためのプレイルーム(模擬保育室)が新たに誕生しました。

  • 学生が保育環境を考え、
    自分達の手で作りあげていくセンター

    授業や実習で学んだことを活かし、自分が将来どのようなクラスを運営していくのかを考え、プレイルームに揃えるおもちゃやレイアウトを学生達で作りあげていきます。 その環境の中で、実習前の設定保育や、絵本の読み聞かせの練習に取り組み、実際の保育現場に近い環境で保育技術を高めていきます。

  • グループの大学附属幼稚園・保育園の
    園児や保護者を招き保育を実践

    学生達が考えた保育環境が実際にどのような影響を子どもたちに与えるのか?実践的に学ぶためにグループ園の園児や保護者をセンターに招いて実践的に保育を展開します。
    さらに園の先生方のアドバイスや保護者の反応を活かし、より良い保育環境をめざして常にセンターの機能を強化していきます。

  • 卒業生にもセンターを開放し、
    就職後の保育技術向上をサポート

    学生と先生の距離が近い「ちよたん」では、卒業後もお互いに連絡を取り合い現場の情報を交換し、仕事の悩みを相談できる関係ができています。 センターではこの関係をさらに発展させ、在学生とも交流し、卒業生の保育技術向上や最新の保育理論を学び実践できる場としても開放します。

  • 最新の保育環境モデルとして、
    地域の園や子育て家庭にも開放

    グループ園や卒業生だけでなく、地域の保育施設や子育て家庭にも開放し、学生の取り組みや先生の活動を盛り込んだ「保育環境のモデルケース」として活用・開放します。 地域の子どもたちはもちろん保育や子育てに関わる人と、学生との交流の場とすることで学生の保育力・人間力の向上、地域貢献をめざします。

~ Message ~

太陽

雲01

雲02

雲03

雲04

車

車

車

飛行機

person1

person2

person3

person4

Copyright © 2018 Osaka Chiyoda Junior College. All Rights Reserved.